大阪・関西の遺品整理・特殊清掃はプロアシスト西日本

タッチして電話をかける 無料お見積りフォームはこちら
ページトップへ戻る

プロアシストのリサイクル・リユース品の海外輸出事業について | 大阪・関西の遺品整理・特殊清掃はプロアシスト西日本

年末キャンペーン

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良
  • 和歌山
  • 滋賀

お見積もり

お知らせ

お知らせ

大阪・関西の遺品整理・特殊清掃はプロアシスト西日本 > お知らせ > プロアシストのリサイクル・リユース品の海外輸出事業について

お知らせ

9月 25 2018年
プロアシストのリサイクル・リユース品の海外輸出事業について

皆様、こんにちは。
㈱プロアシストの村上でございます。
いつも弊社のサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今日は、プロアシストが力をいれているリサイクル・リユースについて
一部を皆さまにご紹介させていただきます。

2018年10月15日で創業6年目を迎える弊社は、創業当時より
遺品整理、生前整理、特殊清掃を専門とした会社であります。
海外輸出事業は2016年7月よりスタートさせました。
今年で輸出事業3年目を迎えることが出来ました。

なぜ、創業3年目より海外輸出業に従事したのか、、、?

それは、遺品整理など家財整理のお見積りにお伺いさせていただいた際に
お客様より、

『処分するのはもったいないなぁ』
『誰か使ってくれる人がいれば使って欲しい』
『これは親が大切に使っていた○○なので思い出がいっぱい詰まっているんです』

というようなお声が多数あったからです。
少しでもお客様のご要望に応える事は出来ないか?
と考えに考え抜いた結果、関係者の方々のご協力もあり、
海外輸出事業を開始する事を決断いたしました。



これは、2016年9月に記念すべき第1号のコンテナが出来上がった時の写真です(^^)


現在のプロアシストは、東南アジアのフィリピン国とタイ王国に
40フィートコンテナ(一番大きなコンテナ)を、毎月1本輸出しております。


私は、この海外輸出事業を開始したことは、本当に良かったと
心より実感しております。

その理由は、、、

『皆が笑顔になってくれる』

からです。

ご遺族様からは、
『また誰かが使ってくれるのであれば、両親(故人様)も喜びます』

タイやフィリピンの方々は、
『メイドインジャパンの物は質が良いので嬉しい』

というお声をたくさん頂いたからです。


すべての家財道具を処分する事は簡単なことですが、誰も喜んではくれません。
そして環境にも悪いです。ですからプロアシストは海外輸出事業を開始したのです。


それでは、どのような業務の流れで輸出しているのか、ご紹介させて頂きます。



まずは日用品について、日用品は弊社の倉庫に持ち帰り後、一点一点を確認し、
素材ごとに段ボールケースに仕分けを行い、数量もこの時点で数えます。





仕分けが終われば最後の写真のように大切に保管していきます。




次に陶器やガラス製品の食器類は、、、

食器に関しても陶器とガラス製品に仕分けを行い、一点一点の食器を
新聞紙を利用して大切に梱包していきます。


必要量に達したらこのように破損しないように大切の保管します。


次に家具類は、、、


写真の通り家具の中に隙間が無いように綺麗に日用品を
詰め込んでいきます。同時に埃や汚れなどをふき取ります。


このような感じになります。


家具、食器、日用品の用意が出来上がると海外輸出用のコンテナを
手配し、自分たちで積込みを行います。


慣れていないと隙間が出来てしまいます。とても難しい作業になります。




このように隙間なく綺麗に積込みを行っています。
家具に関しては毛布と大きなラップを巻いて傷が付かない様に
養生をします。



最後まで積込んだら開けられない様に封印を取り付けて完成になります(^^)
コンテナ一本を作ることは非常に大変なことですが、完成した時はやりきった気持ちが
わいてほっとする瞬間です。
これからも質の良いコンテナを作り、国内、海外の両方のお客様より喜んでいただける
プロアシストでありたいと思います。
今後も日々成長できるようにスタッフ一同精進して参りますので、
宜しくお願い申し上げます。
長文にも関わらず最後までお読みくださりありがとうございました<m(__)m>